>
土壌汚染調査について

DDOBYUL公式オンラインショップ

広島北インターより車で20分
交通アクセスの説明>>詳細はこちら

 

土壌汚染調査について

守ろう!地質。安全な土壌を次世代に!
 土壌汚染調査

2003年2月から「土壌汚染対策法施行令」という法律が執行されました。

それにより有害物質を扱った工場などが操業を終えた際、土地を保有するメーカーや土地を購入した不動産会社が土壌を調査するよう義務付けられました。
その調査結果、有害物が発見された場合、所有者が浄化措置を行わなければなりません。

 

わたしたちの活動している内容は土壌汚染検査をするためのサンプリングを採取し、汚染が発見された場合は土壌の除去と土壌の入れ替えを行っています。

 パンフレット1は こちら>>

 パンフレット2は こちら>>

 

 

主な使用機

● 土壌 地下水汚染調査機 ECO 1(エコワン)

● ポータブル表層土壌調査機 ハンディ ECO

● 3t専用搬送車

 

ECO-1 仕様

名 称 バイブロドリル(クローラータイプ)
形 式 ECO-1VII
総質量 1,950 kg
全 長 2,890 mm (運搬時)
全 幅 980 mm (運搬時)
全 高 2,440 mm (運搬時)

 

図面:株式会社YBM

2007年 写真:(株)あらい

 

 

ハンディECO 仕様

外形寸法 605 x 412 mm
質 量 15.5 kg (ウエイト付20.5 kg)
打撃エネルギー 69 J (7 kgf-m)
シャンク寸法 1" 六角 x 108 mm

 

2008年 写真:(株)あらい